This series, called "S.O.S (Sketches of Sunlight)" was created by myself and Yokohama based filmmaker Naoki Yoshimoto. Initially it was a video and sound installation created at BankART STATION from April to June of 2019 for their annual Artist In Residency program. 

I came up with the concept during the previous months through a lot of short experimental writing and thinking deeply about how capitalism has had a very negative effect on the world in my opinion. I talked with Naoki about collaborating on it and the BankART residency came up and gave us the chance to get to work.

The goal was to illustrate what I view as a rapid decline of life on earth; politically, morally and environmentally. Although I feel capitalism has been a big factor in these problems, the films don’t stress that. I didn’t want to beat people over the head ranting about my political views. Instead we wanted to create 5 or 6 very short, silent, somewhat experimental films that evoked a mood rather than told a linear story. We weren’t worried about perfection as we had no money and 8 weeks to do it all.

With the help of BankART, some friends and strangers, we managed to finish. The installation was pretty successful in that we got quite a few people to talk about the issues we presented. That really was the final goal; to spark conversation. 

Here the films are presented in an arranged order though it was never planned this way. Each film has a little something written about it in the description.

I want to thank everyone who helped us out, especially Mr. Ikeda the director of BankART for letting us into the program and Shun Tsuzawa, also of BankART, who helped us secure equipment and his help at the facility. Special thanks to Sulejman Brkić for his participation and connecting us to people who lent their time. The Kogane-cho Arts Area for providing location help and Mia Tomano for her help recruiting her dance students. Thanks to Naoki Yoshimoto, my partner in this too. He taught me some things about filmmaking and did a lot work behind the camera and at the editing desk.

 

この映像のシリーズ「S.O.S (Sketches of Sunlight)」は、私と横浜を拠点に活動する映像作家の吉本直紀によって、2019年の4月から6月にかけてBankART Staionでのアーティストレジデンシープログラムの公開制作作品として制作された、映像と音楽によるインスタレーションです。

制作に入る前の月に、資本主義が世界にもたらした悪影響について思考し、自分の考えを短い実験的な文章として書き溜めていました。吉本氏にコラボレーションをお願いして、それを元にBankARTのレジデンシーに応募し、制作と発表の場をもらいました。

地球上の生命の急速な政治的、倫理的そして環境的衰退を描き出す事を目標にしました。資本主義がこれらの問題に重要な要素として作用していると考えていましたが、自分の意見で人の頭を殴るような事はしたくなかったので、この映像作品では声高に主張する代わりに、5、6個の実験的な短編の無声映画でその空気感を想起させようと試みました。予算も無く8週間しかなかったので完璧さは求めませんでした。

BankART、友人達や初めて会う人々の助けにより、なんとか完成にこぎつけました。私たちが提示した問題について多くの人々に語り合ってもらえたことで、このインスタレーションは成功したと思います。この作品の真のゴールは対話を促すことだからです。

映像は紹介順になっていますが、実際は順不同です。各映像の簡単な解説は詳細欄に記します。

ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。特にBankARTの代表の池田様にはプログラムの参加作家に選んでいただき、BankARTの津澤様には施設内での細かなことや機材の保全で大変お世話になりました。スリマン・ブリック様には出演および沢山の参加者を紹介していただきました。黄金町エリアマネージメントセンター様にはロケ先を提供していただき、苫野未亜様はダンス作品への協力および出演者を紹介してくださいました。そして、制作のパートナーである吉本直紀氏、映像制作について教えてくれたことや撮影や編集でたくさんの作業をこなしてもらった事をとても感謝しています。

Ever since the first Iraq War aka the Gulf War back in 1990, the idea of patriotism has bothered me. In the years following 9/11 it began to freak me out. These days in America and many other countries I see patriotism making an ugly transformation, one I don’t think is going away any time soon and will be quite dangerous.

1990年の湾岸戦争と呼ばれた第1次イラク戦争の頃から、愛国というアイデアに悩まされてきました。9/11以降の歳月にはさらに混乱させられました。現在のアメリカやその他の国で愛国心は醜い変化を遂げています。これはすぐには解決せず、とても危険であると思います。

The idea of being innocent until proven guilty seems like a quaint concept as we enter the third decade of the 21st century. All around the world, stumbling into a kafkaesque nightmare of being isolated with no due process is not a far stretch of the imagination. This is all too real for far too many people.

21世紀も20年近く経ち推定無罪というコンセプトは古風な趣きのアイデアのようです。世界中で、法の正当な手続きなく隔離され、カフカ的な悪夢に陥る状況は想像に難しくありません。多くの人にとって生々し過ぎる事実なのです。

It’s really unbelievable that only about 40 - 50% of the population vote in places like the United States or Japan. I don’t know that people have given up, are too zoned out to care or just not mentally able to participate in democracy because it requires work. Maybe it’s one or all those things. Maybe it’s something else. A real lost opportunity as things around us decline.

アメリカや日本では人口の40~50%の人しか投票しないことが信じられません。人々は諦めてしまったのでしょうか?ぼーっとしてただけなのでしょうか?それとも民主主義は面倒で精神的に不可能なのでしょうか?このうちの一つあるいは全部が理由かもしれません。もしかしたら他の理由があるのかもしれません。私たちを取り巻く環境が衰退する中、大きな機会の損失です。

I know if I go into a bar and everyone is smoking the place is filled with smoke and smells like an ashtray. Similarly, if enough kids shit in the pool it will eventually just be a shit pit. Why do we think the air and the oceans are any different? We’ve done so much smoking and shitting in such a short amount of time it’s hardly surprising nature is going to push back at some point. And that point seems to have already passed us by.

バーに行って、そこにいる人がみんなタバコを吸っていたら、そこは煙だらけで灰皿のような臭いがするのは分かりますよね。似たようなことで、プールで用を足してしまう子供がたくさんいたらプールは大変なことになります。なぜ私たちは空や海はそれとは違うと思うのでしょうか?こんなにも短い間に空気と水を汚染して、いつか自然に仕返しされる時が来るかもしれません。そしてその時はすでに来ているのかも。

The level of hatred out in the world towards people that are different, poor or weak fascinates me. With all that’s going on in the world and the tiny amount of people at the top who make others lives miserable, to see that rage projected onto strangers is disturbing. I’ve seen this up close and personal, and from a distance in the news. While I can figure out some possible scenarios that cause it, I still don’t get it. Not at the levels we’re seeing currently.

世の中にある差異や貧困や弱者に対する嫌悪には驚かされます。様々なことが起こっている世界の中で少数の人々によってその他の人々の人生は惨めにさせられている。見知らぬ人に投げかける怒りに不穏なものを感じます。私自身も被ったことがありますし、遠くの出来事のようなものもあります。原因とおぼしき説も解りますが、それでも腑に落ちません。特に現在見聞きするレベルのものは。

As the great band The Clash wrote, “You have the right to free speech, as long as you’re not dumb enough to actually try it”. Political dissidents all over the world have the crazy luck of getting killed, thrown into prison or going into exile. Of course, there’s the civilized way of just smearing people’s reputation or some other form of public humiliation, usually over something unrelated to the opinions they espouse.

「お前には表現の自由がある。実際に行使するほどバカでなければ」と偉大なバンドであるクラッシュがかつて歌ったように、世界中の反体制派は殺されたり、投獄されたり、国外追放されたりと大変な運命にあります。もちろん、その人の信奉と全く関係のないことでその人の評判を落としたり、公に辱めたりする文明的なやり方も存在しますが。

Despite all the terrible things in the world, in the end, there is still beauty out there. There are still those who give so much of themselves to ease your mind if only for an hour.

Embrace it. Give thanks for it. Remember though, if you want beauty in the world, we have to fight for it. There is no this with too much of that madness in the world.

世界にはひどい事象が溢れているにも関わらず、そこにはまだ美しさも存在している。癒しをもたらすために身を粉にする人たちがいる、たとえそれが1時間だけでも。大切にし感謝を捧げたい。だが覚えていてほしい、世にある美を欲するならば、私たちはそのために闘わなければならない。世に狂気が溢れすぎてしまえば、それは存在しないから。